加齢臭は臭いの元となる原因物質を抑える対策が有効

加齢臭は臭いの元となる原因物質を抑える対策が有効

自分の臭いは、自分ではなかなか気が付かないものです。

 

中年

 

しかし相手のにおいには、過敏に反応してしまうものではないでしょうか。

 

そこが怖いところで、もしかしたら知らぬ内に、自分のにおいで相手に迷惑をかけているかもしれません。仮に相手のにおいが気になったとしても、そのことを本人へ指摘できる人がどれくらいいるでしょうか。たとえ相手のためを思ってとはいえ、においというデリケートな問題に踏み込むことに躊躇してしまう人が多いでしょう。

 

加齢臭というと、以前は中年の男性特有のにおいと誤解されることが多く、世間一般的におやじ臭とも呼ばれていました。しかし今では、男性に限らず女性にも加齢臭は存在することが広く認識されています。そもそも加齢臭とは、ノネナールという成分が原因ということがわかっています。ノナネールは脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことでできる物質で、男性は40代以降、女性は閉経後に、ノネナールが増加するといわれています。そして、加齢臭が発生するという仕組みになっているのです。加齢臭は俗に、チーズのようなにおいや古本のようなにおいと表現されることが多いです。

 

加齢臭をごまかすため、デオドラントスプレーに頼るという人は多いかもしれません。確かに一時的なにおい消しとしては効果があると考えられますが、加齢臭とスプレーの香りが混ざることでさらなる不快なにおいとなってしまう恐れもあります。表面的なにおい消しではなく、加齢臭の元となる原因物質を抑える対策が有効です。

 

そのひとつとして、規則正しい生活を送ることが大事だと考えられています。たとえば、夜更かしをせずに十分な睡眠時間を確保する、味の濃いこってりとした食事を減らす、過度な飲酒を控えるといった点に注意が必要です。これらは加齢臭に限ったことではなく、体臭全般にいえることです。また、煙草もにおいの大きな原因となります。特にヘビースモーカーは、喫煙を習慣化していない人と比べると、体臭がきつくなる傾向にあります。体臭だけでなく健康の面でも、煙草の量を減らすことが必要でしょう。

 

また、加齢臭ボディソープといった商品があります。

 

各メーカーより発売されており、それぞれ商品の特徴を持っていますが、においの原因となっている雑菌の繁殖を抑える成分が配合されていることが共通しています。加齢臭対策用として固形石鹸も発売されていますが、ボディソープは固形石鹸より泡立ちが良いため使い勝手が便利です。

 

お風呂は夜に入るという人が多いかもしれませんが、加齢臭対策として効果的なのは朝のシャワーといわれています。寝ている間にも皮脂は分泌されていますので、起きてからシャワーを浴びて、お湯でしっかりと皮脂を洗い流すことが基本的な対策であり、最も効果があると考えられています。

 

加齢臭ボディソープは無臭タイプの他、様々な香りの商品が取り揃えられています。香りは個人の好みによりますので、各メーカーのボディソープをひと通り試してみるのも良いでしょう。ボディソープだけでなく、頭皮のにおい対策として加齢臭シャンプーもあります。加齢臭対策用の商品を活用しましょう。